多汗症の原因として考えられることは

多汗症の女性

多汗症は大体が精神的なストレスが原因と言われています。人前で緊張することや、失敗を恐れるあまりにそのプレッシャーから多くの汗をかいてしまうのです。

 

ただ、中にはリラックス状態であっても汗を多量にかくことなどもあります。精神的なものが原因である場合は、緊張してしまったり、不安を感じることで交感神経が優位になり、汗腺が活発に働いてしまいます。

 

そういったことから、交感神経が繊細であればそれだけ多汗症になりやすいと言えるでしょう。とは言え、交感神経が繊細になる理由についてはわかっていません。それに、精神的に不安などがあるからと言って皆が多汗症になるわけでもありません。

 

多汗症になるのは、ホルモンバランスが乱れてしまうことも原因の1つとされています。ホルモンが分泌されるのは、脳の視床下部という部分で調整されるものです。

 

交感神経についても一緒に調整されていることから、ホルモンバランスが乱れてしまうことは、交感神経のバランスまでも乱れることとなり、多汗症となってしまうのです。とりわけ女性の場合は月経などがあることから、影響が出やすくなるでしょう。

 

また、代謝に異常が出ていたり内分泌に異常がある場合、循環器や中枢神経といった箇所に疾患がある場合も多汗症になることが考えられます。それでも局所性多汗症になることはあまりないでしょう。なるとしたら、全身性多汗症であることが多いのです。反対に考えると、多汗症である方は循環器や中枢神経などに疾患があるという場合もあります。

 

さらに、遺伝も多汗症と関係がないわけではありません。緊張しやすい性格などが遺伝することでも多汗症になることもあるでしょう。そして、多汗症は病気ですので生活習慣も無関係ではありません。

 

通常であれば、辛いものや熱いものを食べると人は汗をかくでしょう。しかし、それが過度になると味覚性多汗症になることもあるのです。それに、多汗症の方には肥満である方も少なくありません。

 

食事のバランスを考えて肥満に気を付けることも大事だということです。ニコチンやカフェインは中枢神経興奮剤という、交感神経を刺激する物質が多量に含まれているのです。よって、多く摂ると汗もかきやすくなり、多汗症の原因になることもあるでしょう。

 

多汗症には様々に原因が考えられるので、自分では判断することができないこともあるかもしれません。そういった時には医師に相談することが大事と言えるでしょう。