わきの下だけ大量に汗をかいてしまう・・腋窩多汗症について

腋窩多汗症の男性

腋窩多汗症((えきかたかんしょう))とは、脇の下に異常に多くの汗をかいてしまう症状のことを言います。

 

脇の下という部分は手や足などと違い、体温を調節するために発汗するということもあるので、シャツなどがとても濡れてしまうということも起こるのが難点です。

 

精神的な要因も伴い、それに温熱性発汗がプラスされて多くの汗を脇にかいてしまうでしょう。

 

気温や湿度の変化によっても発汗の量が増えることがあるのも特徴です。シャツが汗で染みてしまうことで、特に夏場などは周囲の目が気になることがあります。また、着心地も悪くなるでしょう。

 

脇の下は、元から汗が出る汗腺が多くある場所ですので、他の部位から見ても発汗量は多い部位と言えます。汗が出るということは、臭いも気になるところでしょう。脇の下の汗は、臭いについても他と比べて強いものです。脇の臭いというと『ワキガ』を思い浮かべるかもしれませんが、腋窩多汗症とワキガは違うものだということを覚えておきましょう。

 

腋窩多汗症の場合は脇のエクリン汗腺が良く働くようになり、エクリン汗腺から出る汗が多くなるのです。ワキガであれば、アポクリン汗腺というところから出る汗が、皮脂腺から出る脂肪分と混ざることで、その雑菌が分解され臭いを発するのです。臭いの強烈さで言いますと、ワキガの方が強いでしょう。なぜなら、エクリン汗腺から出る汗は臭う成分が含まれていないからです。

 

腋窩多汗症はワキガと原因も異なりますし、治療法が同じではありません。あなたが脇の汗や臭いが気になるなら、腋窩多汗症であるのか、ワキガなのかを見極めることも大事になってきます。もしかしたら、自分でも気付かずに臭いが出ていることもあります。

 

しかし、自分でも気づく程度であればすぐに治療をするようにしましょう。汗や臭いの確認方法としては、自身の着ていた服の臭いを嗅いでみることや、汗染みがあるかどうかをチェックすることも一案です。ワキガの場合ですと、たんぱく質などが含まれているので汗の染みが残っていることが多いでしょう。

 

腋窩多汗症の治療法としては、反転剪除法(はんてんせんじょほう)というものもあります。この方法は、脇の下にメスで2センチから3センチの切り込みを作って、皮膚を裏返して汗腺を目で見ながらひとつずつ取り除いていくという方法です。手術を受けた直後から効果が得られますし、保険が適用になるのでリーズナブルに受けることができる治療法となっています。